住宅ローンの借り換え時に気を付けること

「住宅は人生で最大の買い物だ」とよく言われます。

たしかに価格的にも高価ですが、価格以上に、私達が生きていく上で生活の基盤となる場所になるわけですから、失敗が許されない買い物だとも言えると思います。

「できるだけ良い物件を、できるだけ安い価格で手に入れたい」という思いは誰にでもあると思います。

そして、できるだけ安く住宅を購入するためには、いくつかの方法があります。

たとえば、中古の物件を購入するというのも方法の一つでしょう。

それから、こだわりはなるべく捨てて一箇所だけ(たとえば、お風呂だったり、庭だったり、外装だったり)にお金を集中し、その他の部分はコスト重視でシンプルな素材で我慢するのも有効な方法です。

また、住宅ローンにかかる金利を低いものにするということも、安く住宅を手に入れるためには重要なことです。

住宅ローンというものは返済が20年から30年、さらには35年と長期間にわたりますから、たとえ1%でも低い金利の住宅ローンに借り換えることで、大きく返済額を減らすことができます。

1990年代に固定金利で住宅ローンを借りていた場合、当時の利息は5%を超えていたわけで、今の利息と比べると非常に割高になってしまいます。

そのような場合には住宅ローンの借り換えをすることによって、私達には大きなメリットがあります。

たとえば、利息5%で2000万円の融資を受けた場合、利息だけで年間100万円もの返済額となります。

これを金利2%の住宅ローンに借り換えただけで、利息の返済は年間40万円になり、単純計算で60万円の資金的余裕ができます。

このお金で自分や家族のために何か買ってあげても良いですし、繰り上げ返済をしてさらに住宅ローン返済の負担を軽減することも可能です。

ただし、住宅ローンの借り換えをする際には注意することがあります。

それは、住宅ローンの借り換えには手数料が必要だということです。

利用する金融機関によって手数料は若干異なりますが、20万円から30万円程度の手数料が必要になってきます。

ですから、金利だけを単純に比較して30万円返済額を減らすことが出来ても、借り換えのために手数料が30万円かかってしまえば、借り換える意味がなくなってしまいます。

ですから、住宅ローンの借り換えを行う際には専門家の方のアドバイスなどをもらいながら、利用する金融機関を慎重に選ぶようにしましょう。

最近は長引く不況の影響から超低金利の時代が続いていますし、金融機関によっては借り換えに関する保証料をゼロに設定しているところもあるので、いろいろと調べれば、きっと今より住宅ローンの返済額を減らすことができると思います。

住宅ローンの借り換えのおすすめは?

住宅ローン借り換えランキング!金利と手数料一番お得は?【銀行比較!】
住宅ローン借り換えをする前に!チェックしなければ行けないポイントは本当にたくさんあります。特に借り換えをする銀行の金利が安いかどうか。そして諸費用も安いかどうかというのが大事です。金利が安くなければ借り換えをしてもメリットが少なくなりますし、諸費用が高くなりすぎると、住宅ローン借り換えで損をしてしまうということにもなりかねません。しっかりと銀行選びをしたいという方におススメのサイトです。
www.homeloankarikaeranking.com/