住宅ローン借り換えで出るメリット

自宅の新規購入、新築、増築、改築には誰もが住宅ローンを利用しますね。

しかし、金利で損をしてしまうことも多いのです。

住宅ローンの金利は各金融機関で決められていて、また金利タイプも「固定金利型」「変動金利型」などがあります。

ここから、返済額の差額が生じて返済に悩まされる人も増えています。

そういった問題解決のために「住宅ローン借り換え」をしましょう。

住宅ローン借り換えとは、現在融資を受けている金融機関から別の金融機関に乗り換えて返済額を減額させる方法です。

この際、低金利の金融機関を選ぶ必要があります。

住宅ローン借り換えのメリットとは、低金利の金融機関に借り換えることで返済額の負担を減らす事にあります。

しかし、注意したいのは「住宅ローン借り換えでメリットの出る条件」です。

ただ金利が低いからいいと言うわけではありません。

住宅ローン借り換えの際、所定の手続きとそれにかかる諸費用が存在するため、この費用をカバーできる返済金額の減額ができないと意味がないのです。

借り換えにかかる費用は・・・保証料(元金の2%程度)・手数料(8万程度)・抵当権設定費用(元金の0.4%)・印紙代(2万円程度)がかかります。

これを実際の借入額に当てはめて考えると数十万はかかってくると思います。

一般的に、借り換えでメリットの出る人の条件としては「返済期間が残り10年以上ある」「返済額が残り1000万円以上ある」「現在の金融機関と借り換え金融機関との金利差が1%以上ある」こういった人が住宅ローン借り換えをした際にメリットの出る条件として挙げられています。

現在は金融機関も住宅ローンに力を入れて良いサービスの提供をしていますから、保証料を取らない金融機関も増えてきました。

住宅ローンの借り換えでメリットを出すためには、こういった実質的な費用も含めて住宅ローンの借り換えを考える必要があります。

また、各金融機関のホームページから、返済シュミレーションを活用して返済額の算出をしてみてください。

各社との返済額の差の比較や、借り換えでどれだけの返済額を得するのかが見えてきますよ。

そして、融資には審査が必ず必要です。

前年度年収、勤続年数、延滞暦などから、一定の収入が見込め返済能力の有無により融資が可能か判断されます。

その審査の条件も金融機関により様々ですので、万が一、一箇所の金融機関で融資を断られても違う金融機関で再度審査してみてください。

あなたに合った融資が受けられる金融機関を選びましょう

住宅ローン借り換えのおすすめサイトは?

住宅ローン借り換え比較ランキング!【金利・諸費用安い銀行2017】
住宅ローンの借り換えを効果的に行えば毎月の返済額を減らしたり返済期間を短縮することができます!金利、諸費用が安いお得な住宅ローンを比較しておすすめの銀行のランキングを作りました!借換え検討中の方必見です!
www.karikae-hikaku.com/