私の姉夫婦と住宅ローン

私も実際に住宅ローンを利用しているのですが、それよりもかなり前から、私の姉夫婦は住宅ローンを利用しています。

そして、姉夫婦の場合は、結構置かれている状況が変わっているので、それの借り換えもしたりしています。

それは今から10年前の事になるのですが、姉夫婦が実家で同居するために家を建てることにしました。

そして、その時に姉夫婦は35年ローンでお金を借りました。

当時の義兄は銀行員。

姉は専業主婦でした。

ですがそれから10年。

義兄は何度も転職をして、そして年収もかなり減りました。

そして姉も、気がついたらパートで仕事をするようになりました。

そんな10年間で、姉夫婦は何回か住宅ローンの返済が滞ってしまったことがありました。

そして、それを借りていた銀行から連絡があった時もありました。

と言うことで、そのままの状態では何ともならないと思った姉夫婦は、結局は住宅ローンの借り換えをすることにしました。

いろいろと計算したところ、そのままの所で借りているよりも、借り換えをして、別の所で借りる方がお得になるのではないか、なんて思うのです。

さて、実際に住宅ローンの借り換えをした姉夫婦ですが、個人的にはそれはメリットがあるのではないかと思っています。

例えば、一番大きなメリットは、返済総額が減る、と言うことではないかと思うのです。

やはり、返済期間が長くなればなるほど、その総額の差が出てくるのではないかと思うのです。

もちろん、最初に借りているところの金利によってはあまり変わらないかもしれないのですが、例えば、固定金利の場合、今と昔とで金利が違うこともあり、結構金利の差はあるのではないか、なんて思うのです。

また、月々の返済顎もかなり変わってくるのではないかと思うのです。

金利が変われば、それだけ返済しなければならない額も変わってきます。

だからこそ、月々の返済額も変わると思うのです。

それがやはり、かなり私としてはメリットではないかと思うのです。

やはり、住宅ローンに関して言えば、メリットがあるからこそ、借り換えをするのではないかと思うのです。

それによって、月々の負担もかなり減ると思うし、またそれだけではなくて、返済総額もかなり減るのではないかと思うのです。

元々借りたお金が例えば1000万円だったとして、それを500万円だったことにすることはでいません。

ですが、金利がお得な所に借り換えれば、返済総額がかなり変わってくると思うのです。

それが私としては、住宅ローンの借り換えのメリットではないかと思っているのです。