住宅ローンを少なくするためには

住宅ローンというのは、何十年にもわたって長期に支払い続けていかなければならないものです。

ですから住宅ローンを組んだときには一番いい条件だったかもしれませんが、新たに金利が安かったり条件がよかったりするプランが登場しているかもしれませんので、ただ黙って支払い続けているのではなくて、何年かに一度くらいは借り換えなどの見直しをしてみるといいのではないでしょうか。

ただここ数年間は住宅ローンの金利がずっと低水準のままです。

世の中全体として金利があまり変わっていない印象があるのも確かです。

ですからわざわざ住宅ローンを見直すという意識がなかなか起きないかもしれません。

けれども長期間で考えるとほんのわずかな金利の変動だけでも支払う金額は大きく変わってくるわけです。

月々の支払金額がわずかでも下がれば、それは最終的には何十万、何百万と変わってくる可能性があるわけです。

そしてほとんど変わっていないと言っても実際に適用される金利は動いているのです。

それは様々な金融機関が、店頭金利などの基準になる金利から引き下げる金利幅を大きくしているからなのだそうです。

ですからこういった事情からも低金利で借り入れした人でも、借り換えなどをすることにより予想以上に支払額を軽減できるなどの効果がでる場合があるということなのだそうです。

ではどのようなメリットが考えられるでしょうか。

たとえば固定金利で借り入れている人の場合は残額が1000万円以上で残り期間が10年以上、金利差が1%以上ある場合は借り換えをした方がいいと言われています。

でも最近は固定金利で借りている人も少なくなってきているようなので、この条件だけではメリットがあるのかないのかなかなかわからなくなってきています。

ではどのような場合に借り換えを考えてみるのがいいのかといいますと、まずなんといっても総返済額を減らしたいと考えている方でしょう。

また金利変動制の住宅ローンを組んでいる方は、金利上昇のリスクをなくしたい場合などが考えられます。

そして毎月の返済額を支払うのがきつくなってきて、どうにか現在の返済額を下げられないかと考えているならば、借り換えを考えてみるのがいいでしょう。

こういった例のように自分が住宅ローンを借り換えることにより、どういったメリットがあるとうれしいのかしっかりと考えてみる必要があります。

ただやみくもに借り換えをするのはおススメできません。